過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

PARADEツアーを振り返りながら、自担と推しの違いについて考える

2019年12月、今から半年以上前。 事件は起こった。 事件内容は "Hey!Say!JUMPのコンサートツアーのバックにTravis Japanがついてる?!" 2019年、ジャニーズJr.の推しであるTravis Japan(トラジャ)の川島くんのEndless SHOCKからはじまり、自担である薮く…

ジャニヲタと美意識 ―私がコスメ沼にハマった理由―

ジャニヲタ10年選手になった私が昔から気になっていた言葉 "美意識高い人" この言葉に初めて遭遇したのはジャニーズが好きになった10年位以上前。 関ジャニ∞を入り口にした私は、やはり同じ趣味の友達がほしい!となり その当時まだ現役だったmixiを使って友…

dマガジンを契約してみた ―ジャニヲタのためのライフハックブログシリーズ―

予定していた現場がすべてなくなった昨今。 少し前からdマガジンが気になっていた私は、今回の自粛を機にdマガジンを契約してみることにした。 (ちょっとこれにはジャニーズ以外の新たな沼も理由になっているのだが その沼の話については後日別記事にまとめ…

Hey!Say!JUMPの薮宏太くんとジャニーズの仲間たち

Hey!Say!JUMPの薮宏太さん、30歳のお誕生日おめでとうございます。 20代最後の年に主演として立つミュージカルを見させていただいて ファン冥利につきる1年でした!としめくくりたかったけど うれしいことにもう次の主演舞台が決まっている。 本当にありが…

2019年現場まとめ ~最後に待っていたのはとんでもないぷれぜんと~

2019年、振り返れば、自担とJr.の推しの現場だけで1年まわせた 実に充実した1年だった気がする。 そんな充実した1年にあった現場についてちょっと振り返りたくなったので めずらしくまとめ記事なんか書こうとしている。 まだ1ヶ月あるけど、12月の間はJUMPさ…

ヲタクとしての熱量について考える

私は今、たぶん負け組だと思う。 あんなに熱を入れていたTravis Japanの初舞台のチケットを自力で手配できず、こんなにもモヤモヤとしているのだから。 今回の内容は以前書いたこのブログの続きである。 自分で今のこの感情を分析しているけど、こんなブログ…

PLAYZONEの亡霊が語る昨今の兼任問題について

私は、舞台「PLAYZONE」の亡霊である。 しかし、残念なことに青山劇場で観劇したことがない。 滑り込みセーフでPLAYZONEにハマったものの チケットがご用意されなかったのである。 久しぶりにタイトル「過激な思想」らしく 過激なネタに触れようと思ったのは…

Travis Japan Consert 2019 ~ぷれぜんと~を振り返りながらTravis Japanについて考えた

2019年のTravis Japanのコンサートから早くも1か月以上がたった。 自分なりにこのコンサートの感想をまとめたいと思い、今更ながらブログを書いてみようと思う。 そして振り返りながら、今一度Travis Japanについて考えてみようと思う。 セットリスト 1.Happ…

Hey!Say!JUMPのヲタク presents "Travis Japanについて"

2017年の8月から、私はTravis Japanを応援している。 一応、私の看板は今でも「Hey!Say!JUMPの薮くんの担当」ではあるが それと同じくらいに今ではTravis Japanも応援している。 むしろ、自分のことを紹介するとしたら "担当は薮くん、担当ユニはTravis Japa…

雑誌の切り抜きを電子化してみた ―ジャニヲタのためのライフハックブログシリーズ―

みなさん、雑誌ってまだ切り抜いてファイルに入れて保存してますか? いっそのこと切り抜きも電子化してみませんか? めでたくジャニヲタ人生10年を超えた私。 このブログも細々と続けて3年以上。 今まで人の役に立たない記事しか書いてなかったので ここで…

Hey!Say!JUMPの薮宏太くんを見るなら「滝沢歌舞伎10th Anniversary」を見よう!

「去年より、薮くんのうちわ増えたなぁ…」 SENSE or LOVEのドーム公演で、ふと双眼鏡で客席を見てみると そこには確かに去年より薮くんのうちわを持つ女の子たちが多くいた。 2018年、薮くんの個人活動は例年と変わらず、むしろ少ないぐらいだったのだが 何…

Hey!Say!JUMPのショーイズム ―SENSE or LOVEについて―

Hey!Say!JUMPのライブツアー「SENSE or LOVE」も残すところ福岡だけになった。 久しぶりに私はHey!Say!JUMPのライブについての感想を書こうと思った。 実に2015年のJUMPing CARnivalぶりである。 そんな私がなぜ書こうと思い立ったのかそれを書き記していこ…

HiHi Jetsの作間くんにやってほしいソロ曲を考えてみた。

HiHiJetsの作間くん、お誕生日おめでとうございます。 事の発端は2018年8月11日のサマステ夜公演。 指定席から以前から気になったいたHiHi Jetsのパフォーマンスを見る私。 ライブは、はじまり中盤あたりの「HiHi Jet」が流れたころ。 みんなが至って真剣な…

ジャニヲタよ、YouTubeや局動画をテレビで見よう

今年の3月からスタートしたジャニーズJr.のYouTube専用チャンネル。 私も推しているTravis Japanの動画の更新を楽しく視聴している1人である。 このチャンネルをきっかけにTwitter上でよく見かける テレビでYouTubeや局動画*1を視聴する方法。 私も先週から…

ジャニヲタにSEVENTEENをすすめる3つの理由

SEVENTEEN 韓国のアイドルグループ SEVENTEENという名前であるが、メンバーの人数は13人。 グループ名の17の由来は、13人+3つのチーム+1つのグループと言う意味。 2018年5月30日にアルバム「WE MAKE YOU」で日本デビューを果たした。 私がSEVENTEENを知った…

Kis-My-Ft2のアルバム「Yummy!!」が早くも今年のNo.1アルバムになりそうな件

みなさん、Kis-My-Ft2のアルバム「Yummy!!」はお聞きになりましたか? 発売されてからもうすぐ1か月。 5月5日からはこのアルバムを引っさげたツアーも始まっております。 ちなみに私は定期的にこのアルバムを聴かないと生きていけないぐらいにハマりました…

ジャニーズJr.祭り2018 Travis Japan単独公演 ―1幕の終わり、2幕のはじまり―

なぜこんなにも心を揺さぶられるのだろう? そして、なぜこんなにも彼らの幸せを願ってしまうのだろう? 2018年3月26日 12:00 会場 横浜アリーナ ジャニーズJr.祭り2018 Travis Japan単独公演 今回は、半分以上は自分のためにでもほんの少し未来のために Tra…

ジャニーズJr.チケット戦争のなれの果て ―Lovet-tuneの損失とTravisJapanの台頭―

本日のお話は実に単純明快 ジャニーズJr.のコンサートのチケットがとれない!! それに伴う私の心境の変化 です。 書くのを迷った題材ですが、後々の自分の記録として この時期の心境の変化を残したいのでここに記しておきますね。 今日はそんなテンションで…

Hey!Say!JUMPの薮宏太くんが気になるあなたへ

2017年のHey!Say!JUMPは、まさに10周年イヤーにふさわしい活躍だった。 年末の紅白歌合戦初出場。 自身初の3大ドームツアー。 個々人もドラマや映画、バラエティーなど多方面に活躍し 11年目につながるいい1年だったと思う。 しかし、みなさんHey!Say!JUMPの…

2017年はエイベックスが優勝の年だった ―勝手にジャニーズアルバム大賞2017と楽曲まとめ―

あけましておめでとうございます。 おかげさまで読者数が130を超えて恐れ多いのですが 本年も当ブログをよろしくお願いします。 2017年の年末は担当を追っかけて3大ドームを駆けずり回っていて おちおち振り返ることもままならなかったので ここで振り返ろう…

Hey!Say!JUMPセンター論 ―表のセンターの山田くんと裏のセンターの薮くん―

大階段のセンターで踊る薮くんを見て、彼はHey!Say!JUMPの裏のセンターなのだと思った。 Hey!Say!JUMPの10周年ツアーのアリーナ公演が10月15日で終わった。 例年以上の高倍率だったが私も見させていただくことができた。 例年だったら少なからずツアーの感想…

Love-tuneとA.B.C-Zとあの頃の関ジャニ∞

5年以上たった今でも私は1番好きだった頃の関ジャニ∞が忘れられないんだ。 私が一番好きだったころ、それは関ジャニ∞が五大ドームツアーを成功させる前。 8UPPERSをやっていた頃。 あの頃の関ジャニ∞のライブは 踊るときはひたすらかっこよく、ふざけるとき…

ジャニヲタとコミュニティ ―事務所担とオンリー担の違い―

事務所担・・・ジャニーズ事務所のタレント全般的に好きな人 オンリー担・・・ジャニーズ事務所所属タレントの1つのグループしか応援しない人 私は、しくじった。 すべては私の不注意だったので仕方がない。 この一件で考えた。 ジャニヲタとコミュニティっ…

「Hey!Say!JUMP 背の高い 金髪の人」こと薮宏太くんを紹介するブログ

「Hey!Say!JUMP 背の高い 金髪の人」と検索してこちらにたどり着いた方 ようこそおいでくださいました。 こちらは「Hey!Say!JUMP 背の高い 金髪だった人」こと薮宏太くん*1を紹介するブログでございます。 と言うわけで薮くん誕生日記念として去年に引き続き…

ジャニーズ楽曲大賞とともに2016年の楽曲を振り返る

2016年は、アルバムより個々の曲がずば抜けていい物がたくさんあった。 本当に選べない!!みんな、いい!! ここ2年、勝手にジャニーズアルバム大賞をしていたのだが 2016年分はアルバムじゃなくて曲が豊作だったので ジャニーズ楽曲大賞の投票に伴いまし…

NOROSHIは関ジャニ∞から担降りした人に見てほしいシングルである

「NOROSHI」と「Black of night」のPVを見た私の感想 これは、担降りした人にこそ見てほしい。 むしろ、関ジャニ∞がスターダムを駆け上がった時期 (2009年~2012年まで)をリアルタイムで感じていて 今でもそのころをエイトを欲している私のような担降りし…

君はLove-tuneを知っているか

私の中で一つだけ決めていたことがある。 それは、"ジャニーズJr.に深入りしない" でも、その決め事を破らせてまで私の心を熱くするグループがいる。 あなたはLove-tuneを知っていますか? 先日ブログでLove-tuneいいぞ!と言うお話だけを書き残したわけです…

Hey!Say!JUMPから担降りした話

「万太郎さんって、JUMP担と言うより薮担ですよね」 「そうだね。薮担だけど、JUMP担じゃないからね」 10月8日 横浜アリーナ終わりに友達に私は笑いながら話した。 半年ぶりに書くブログなんだから、もっといい話にしたかったのだが、気乗りがしないことと一…

「東のHey!Say!JUMP 西のジャニーズWEST」と言う時代について

「あさが来た」の榮三郎さん(ジャニーズWEST 桐山照史くん)の活躍でいよいよHey!Say!JUMPの勢いが雲行き怪しくなってきた。 しかし、先月リリースされたライブDVD「JUMPing CARnival」はHey!Say!JUMPにとって最高売り上げを記録。 その一方で昨年末から今…

今のHey!Say!JUMPの活動だと薮くんの魅力が伝わらないから勝手に私が紹介してみた(加筆修正版)

フライングにフライングを重ねて私は1月2日からこの記事を書いている。 先月、と言うより去年の12月31日。 Hey!Say!JUMP初めてのカウントダウンコンサートが始まる21時過ぎ。 グッズは軒並み完売らしいとの情報を聞きつけて私はグッズの完売状況を最終確認し…