読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

NOROSHIは関ジャニ∞から担降りした人に見てほしいシングルである

「NOROSHI」と「Black of night」のPVを見た私の感想

 

これは、担降りした人にこそ見てほしい。

むしろ、関ジャニ∞がスターダムを駆け上がった時期

(2009年~2012年まで)をリアルタイムで感じていて

今でもそのころをエイトを欲している私のような担降りした人にこそ見てほしい。

 

 

私は、数年ぶりに前評判のいい「NOROSHI」のシングルを初回AB二つとも予約した。

最初は、ほんのささいな気持ちだった。

和装でバンドのエイトが最高とフォロワーさんたちが口々につぶやくので

どうしても見たくなってしまったからだ。

 

そして、12月6日。

逃げ恥を見る前の少しの時間でとりあえず2曲のPVだけは見てみようと手に取ったらあら大変。

 

「これは、私が担降りする前にのどから手が出るくらいに欲していた関ジャニ∞じゃないか!」

 

「Black of night」

メンバーの安田くんが作詞作曲したダンスナンバー。

今回、ありがたいことにPVまで作成していただけた。

ここ数年、バンドに力を入れている関ジャニ∞がPVで本気のダンスを踊るのは何年ぶりだろうか。

そんなことを思いながらPVをみた。

 

ジャニーズなのに久しぶりに見る感じがするエイトのダンス。

心の底から欲していた村上くんのダンス。

ダンスの時は必ず見てしまう錦戸くんのダンス。

ダンスをするエイトが私は好きだった。

普段はおちゃらけているのにエイターしかいないライブの時だけは

ひょっこり顔を出すカッコイイエイト。

私たちだけしか知らないすごくカッコイイ彼ら。

ただ数分のPVを見ただけなのに、走馬灯のようにあの頃の想いがよみがえった。

 

そして、「NOROSHI」。

「Black of night」の前に見たが、「Black of night」が昔のカッコイイエイトだとすると

「NOROSHI」は紛れもなく今のカッコイイエイトの代表曲である。

昨年、このブログで関ジャニ∞は8周年を過ぎたあたりから色々模索しはじめたと書いた。

バンドである関ジャニ∞と明るい前向きな曲を歌う関ジャニ∞の融合について

関ジャニ∞のこれからについて8周年を過ぎたあたりからすごく模索していたと思う。

そして、その答えが昨年のアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」とも私は書いた。

「NOROSHI(狼煙)」は間違いなく関ジャニ∞再出発の狼煙をあげるのにふさわしい楽曲だと思った。

「NOROSHI」と言う楽曲が持つ男らしさと人間臭さは間違いなく関ジャニ∞をジャニーズ内で唯一無二の立ち位置に立たせてくれる大きな力になるだろう。

「NOROSHI」のPVを見ながら、私の好きだった関ジャニ∞、女のエイターが大多数で男のエイターが少ししかいなかった関ジャニ∞

もう次のステージ

「老若男女のエイターの関ジャニ∞」=国民的アイドル*1

にたっているのだと改めて感じた。

 

 

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

NOROSHI(初回限定盤A)(DVD付)

 

 

 

NOROSHI(初回限定盤B)(DVD付)

NOROSHI(初回限定盤B)(DVD付)

 

 

ありがたいことにまだ購入可能である。

8UPPERSやFIGHTのころに関ジャニ∞に青春をささげていたあなた。

このブログを読んでまだ手元に「NOROSHI」がないあなた。

ぜひとも購入していただいてカッコイイ関ジャニ∞を見てほしい。

初回Aには「NOROSHI」のPV、初回Bには「Black of night」のPVが収録されている。

両方手に取るのが一番いいが、どちらかでも構いません。

こんなにいい曲なのにそんなに売り上げ伸びていないようなので気になる方はぜひともお買い求めください。

 

本当はここからいろいろさかのぼってエイトについて書きたいところだが

今日のところはこれぐらいにしておくことにする。

しっかし、やっぱり、関ジャニ∞って楽しいなぁ。

*1:ここでの国民的アイドルの意味は「老若男女関係なく好かれ始めた」と言う意味で解釈してほしい。