過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

勝手にジャニーズアルバム大賞2015

先月、2015年のジャニーズ楽曲のまとめを書いた。

 

astaeight.hatenablog.com

 

予想以上に反響をいただいてすごくうれしかった。

ここで書いた「勝手にジャニーズアルバム大賞」の結果を

今日は勝手に発表しようと思う。

 

今年は順位を付けたので第3位から発表する。

 

第3位 A.B.C-Z「A.B.Sea Market」

A.B.C-Zの1stオリジナルアルバムが堂々第3位です。

まず、アルバムリード曲に「Shower Gate」を持ってきたのが非常に良かった。

しかし、その1点だけでは第3位には輝かない。

このアルバムが3位の理由は、「アルバム全体を聴かせる力を持っている」ということ。

ここで言う「アルバム全体を聴かせる力」とは

アルバム全体を通していいだけではなく、どうしてもマンネリしがちなバラード曲でさえも曲順でうまく聞かせることと定義している。

ベスト3のアルバムはどれもアルバム全体を聴かせる力を持っているのではあるが

上位2作品はジャニーズでも中堅どころのグループなので

アルバム全体を聴かせる力を持っていて当然と言ってもよいだろう。

しかし、デビューして最初のオリジナルアルバムでこの力を感じるのは本当にすごいと思う。

それは、彼らの自己プロデュース力の高さが際立った結果であろう。

 

 

次は第2位なのですが、同率1位と言う結果なので、1位で発表です。

 

第1位 関ジャニ∞関ジャニ∞の元気が出るCD!!」

    嵐「Japonism」

最後までどちらを2位にするのか迷いました。

と言うよりも、関ジャニ∞はライブに行くまでは2位かな?と思いました。

しかし、ライブに行ってからまた聞き直すとすごくよいアルバムだなと感じて

元々暫定1位だった嵐のアルバムと同率1位と言うことで私なりの決着をつけました。

ここで個々のアルバムについてコメントをします。

 

関ジャニ∞の元気が出るCD!!」

タイトルだけ聞いたときは、期待値がそんなになかったのに

ふたを開けてみると「らしさ」がにじみ出ているアルバムだった。

先月のブログで書いたように本人たちが「原点回帰」とは言っていないものの

原点回帰を感じたアルバムである。

とにかく最初の「High Spritis」からの「勝手に仕上がれ」を聞いたときの衝撃と言ったら。

 「え?もしかして、このアルバムの中身期待してもいい?」と思わず疑いました(失礼ながら)

そして、関ジャニ∞が毎年1曲だけ本気で踊るダンス曲が「WASABI」なのも良かった。

関ジャニ∞のフラれる系、失恋系の曲を絶大的に支持しているからこそ余計に評価が高かった。

(この関ジャニ∞フラれる系、失恋系ソングの話はいつか別の記事で書きたいです)

でも、このアルバム、アルバムだけ聞いていたら何の変哲もないただのアルバムだった。

しかし、ライブに行った後に聞き直すと「あれ?なんかすごくいいぞ?」と言う魔法にかかったので個人的にもなんだか不思議である。

おそらく私が関ジャニ∞に元気をもらいたかっただけかもしれないが。

そうじゃなくてもこのアルバムは2位じゃなくて1位にしたい。

そう感じた作品だった。

 

 

「Japonism」

アルバムを軽く聞いただけで「もう今年の1位はこのアルバムだ」と感じた納得の1位です。

アルバムの1曲目が「Sakura」(シングル曲)を持ってくるところから攻めてますよね。

よほどの自信があるんだなと感じずにはいられない。

「Sakura」「心の空」でボルテージが徐々に上がって「君への想い」で少ししっとりするんですけど、そこで失速気味にはならずに松本さんのソロ曲に入る。

しかも、その松本さんのソロ曲「Don't you love me?」が少し「和」から離れるんですよ。音楽のつくりが。

でも、「miyabi-night」でまた「和」に戻る。

その繰り返しなんですよ。

「Borelo!」と「Mr.FUNK(相葉さんのソロ曲)」で「和」から離れたと思ったら大野さんのソロ曲「暁」がめちゃくちゃ「和」

そう思ったらシングル曲「青空の下、キミのとなり」「Rolling days」「イン・ザ・ルーム」で少しテイストがまた変わるんですよ。

そこからの「マスカレード」のド歌謡曲

そこで私は陥落ですよね。「マスカレード」聞いた瞬間

「はい、今年の1位ですね。このアルバムは」と思いましたもの。

最後が「Japanesque」で締めるのですが、もう潔く「和」でフィニッシュだからすがすがしい。

ここまで徹底したコンセプトでアルバムが作れるなんてさすがの嵐さんです。

もう早く「Japonism」のツアーDVDをみせてくれ!!

 

 [出だしが最高で賞]

今年もこの賞に輝く作品がありました。

関ジャニ∞関ジャニ∞の元気が出るCD!!」

「High Spritis」「勝手に仕上がれ」

Kis-My-Ft2「KIS-MY-WORLD」

「"4th"Overture」「Brand New World」「Kiss魂」

関ジャニ∞に関しては、先ほど述べたので割愛させていただく。

キスマイですが、先月のブログでは特典のリミックスについて熱く語りました。

そこでは本編のCDについては評価ができないとか言っていたのですが

振り返ってみると「あれ?そういえば、出だしがすごくよかったような?あー!!」といった感じで思い出したのであります。

1stから全部キスマイは聞いているのですが、いまいちパッとしなかった出だしが今回は復活。

この出だしのずるいところは、やはり「Kiss魂」ですよね。

「Brand New World」で盛り上がったあとのキャッチーなシングル曲の「Kiss魂」

こればかりは、キスマイでしか出せない技である。

 

タッキー&翼ジャニーズWESTについて

先月はこの両者が12月にアルバムをリリースとのことだったので選考できなかった。

ようやく、先日聞くことができたのでコメントしたいと思う。

 

タッキー&翼「Trip&Treasure Two」

tofubeats提供の「Starlight Moolight」

チャランポランタン提供の「ペンデュラム・ラヴ」

この2つがよかったなと思いました。

SMAPも提供陣を豪華にしているけど、タキ翼はタキ翼でavexらしい提供陣だなと思いました。

 

ジャニーズWEST「ラッキィィィィィィィ7」

 個人的には「Eternal」が大好きです。

この曲は、「Criminal」「Can't Stop」の3部作の1つで

この曲たちがジャニーズWESTのダンス曲の核になるのだなと思いました。

まだ2作目だから多くを求めてはいけないのですが

「Eternal」以外の曲が個人的には弱いかなと感じました。

たぶん、ライブに行けば上手く消化できる気がします。

しかし、すべての人がライブに行けるとは限らない。

ライブに行けて完成ではなく「アルバムとして完結してほしかった」のが正直な感想です。

でも、期待値は高いから、本当に頑張って!!

 

まだまだ書き足りないところはありますが

今年はこんな感じで締めたいと思います。

 

来年もアルバムが豊作でありますように。