読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

2015年のジャニーズ楽曲は「和」「歌謡曲テイスト」が多かった件

我々は今年最初にジャニーズが出したシングルが「KAGUYA」だと言う時点で

今年のジャニーズは「和」な感じで行くぞと言うことをある程度覚悟すべきだったのである。

 

今年も、もう残すところ1か月と少し。

今年も「勝手にジャニーズアルバム大賞」をやろうと

私は2015年のジャニーズのアルバムを振り返ろうと思った。

ちなみに去年はこんな風に記事を書いた。

 

astaeight.hatenablog.com

 

今年の大賞は、まだ選考途中なので何とも言えないのだが

不思議と今年は「和」「歌謡曲」みたいな楽曲を持ってくるグループが多かった。

ここで、グループごとに分析してみることにする。

 

★NEWS

「KAGUYA」で思いっきり年始1番に「和」で攻めてきたNEWS

その後のシングル「チュムチュム」の方がインパクトが強かったので埋もれがちだが、私は「KAGUYA」が好きだ。

それはともかく個人的にNEWSの今年の楽曲にコメントするなら「WHITE」のソロ曲についてだ。

本当に素晴らしいぐらいに4人が4人とも自分の個性をわかって楽曲を発表している。

小山くんの「ロメオ2015」の王道路線

増田くんの「Skye Beautiful」の聞かせるところとEDMを取り入れるセンスの良さ

手越くんの「あなた」は、自分の歌唱力を見せつけるバラード

加藤くんの「ESCORT」は、ジャニーズでは珍しい部類のジャズ・ファンク路線

互いが互いを邪魔しない個性の育ち方を私は感じた。

来年のソロ曲も楽しみにしつつ、グループとしてどういう路線で行くのかが楽しみである。

 

KAT-TUN

今年、KAT-TUNこそアルバムを出してほしかった。

ライブ「quarter」での亀梨くん企画の「ジャパネスク」が本当に最高でした。

もし今年KAT-TUNがアルバムを出すなら「quarter」みたいなアルバムになったと思うと本当に惜しいことをしたなと思う。

そろそろKAT-TUNの「和」が新しい楽曲で聞きたい。

アルバム大賞選考外なのが悲しい。

でも、今年のKAT-TUNのすべては「quarter」に収まっているのでぜひDVDをお買い求めください。

 

Kis-My-Ft2Sexy Zone

Kis-My-Ft2Sexy Zoneもアルバムを聞いたのだが

ここのまとめにしようとしている「和」テイストはあまり見受けられなかった。

Kis-My-Ft2:初回特典で既存曲のリミックスがつくという私的には大好物の特典を付けてきたので初めて購入した。個人的には企画の勝利だったなと思う。

この記事を書くために久しぶりに特典のリミックスCDを聞いているのですが

キスマイも和楽器バンドで「和」テイストのリミックスしてるじゃん!!!

と思い出してしまったことをここに記しておきます。

本体のアルバムは、シングル曲とタイアップ曲が多いので評価がつけられなかった。

来年も特典でリミックスつける際はまた購入を検討したいと思います。

Sexy Zone:3人体制+Sexy Boyz・Sexy 松体制でのアルバムだったので評価が付けられなかった。

しかし、12月に5人体制復活なので来年の楽曲がどういう路線で行くのかが楽しみであったりします。

個人的には「Hey you!」の路線が一番好きだったりします。

 

A.B.C-Z

最初、ジュリー班は「和」で攻めた1年だったとまとめようと思っていたのだが

A.B.C-Zだけはなぜか例外で「歌謡曲」を自分たちのアルバムで出してきたのだ。

今年、A.B.C-Zは3年目にして初めてオリジナルアルバム「A.B.Sea Market」をリリースした。

私の中で今年のジャニーズベスト楽曲TOP3に入る「Shower Gate」から始まるこのアルバム。

A.B.C-Zらしさとジャニーズの王道を行く楽曲のチョイスだったこのアルバムで

異色だったのが「渚のBack In Your Heart」だった。

最初聞いたときはサザンオールスターズのアルバムを間違えて聞いているのかと思った。

本当にそれぐらいに懐かしめの歌謡曲テイストの本楽曲。

たぶん、A.B.C-Zの楽曲性自体が懐かしめのメロディーラインを売りにしている気がするので、このまとめにはあまり関係ないかもしれないが、今年「渚のBack In Your Heart」を発表したのはなんかの因果かなと思ってしまったのもまた事実である。

 

ここから下3つのグループは今年「原点回帰」と言ったグループ、「原点回帰」を感じたグループである。

ここの共通項も今年「和」「歌謡曲」の楽曲を発表したということである。

 

 ★Hey!Say!JUMP

Hey!Say!JUMPは、今年リリースしたアルバム「JUMPing CAR」について「名刺代わりの一枚。自分たちらしさがつまったアルバム」と言っていた。

そのコメント通り、本アルバムは前作「s3art」より昔ながらのテイストに戻りつつも攻めたアルバムに仕上がっていた。

アルバムの楽曲で「和」「歌謡曲」を感じる曲は「愛よ、僕を導いていけ」だった。

本人たちもこの曲に対しては「昔からJUMPが歌っていたテイスト」とコメントしていた。

そうだ。彼らは確かにこういう路線もベースとしてあったなと思った。

そのアルバムの次にシングル「キミアトラクション」をリリース。

この初回盤に「ChikuTaku」と言う曲が収録されている。

これも懐かしい歌謡曲テイスト。

この路線は来年も続けるのかが気になる昨今である。

 

★嵐

この記事を書くきっかけは、嵐が「Japonism」をリリースしたからである。

「原点回帰」と常々言ってきて満を持してリリースした「Japonism」

私はてっきり初期の嵐のエモいメロディーラインを持ってくるのかと思っていたら

このアルバムは、そういう音楽性の原点ではなく、そもそも自分たちの"原点"を回帰したアルバムだと思った。

要するに「Japonism」は、ジャニーズの王道と言う嵐の"原点"に回帰したアルバムだということだ。

その最たるものが「日本よいとこ摩訶不思議」(少年隊のカバー)である。

日本をテーマにしたこのアルバムで一番最初に思い浮かんだと当人たちも言っているこの楽曲。

今、このタイミングであえての少年隊のカバーと言うところに王道感を感じずにはいられない。

それに「マスカレード」

これも少年隊の「仮面舞踏会」のオマージュと言うからもうなんなのでしょう。

嵐は、かれこれ5年ぐらいジャニーズでも最前線で戦ってきた。

その嵐があえて「ジャニーズの王道」を背負った「Japonism」

今年は、本当に「和」「歌謡曲」が多いと感じた大きなきっかけだった。

 

関ジャニ∞

関ジャニ∞もここ最近、自分たちの音楽を模索し続けていた節がある。

それは私が長年見てきたからわかるようなもので、振り返ると8周年(2013年)を過ぎたあたりから関ジャニ∞は模索してきたような気がする。

それは、関ジャニ∞が大きくバンドを打ち出してきたことにも関係があるように思える。

バンドである関ジャニ∞と昔ながらの大阪色が強い歌や明るく前向きな歌を歌う関ジャニ∞

この二つの融合をずっと模索してきたんだと思う。

その1つの答えが今年の「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」だと私は思う。

「High Sprits」と言うインストから始まり、「勝手に仕上がれ」でバンドへのテンションを高めてからの「がむしゃら行進曲」が何ともエイトらしい。

個人的には「ナイナイアイラブユー」「WASABI」が原点回帰の曲だと思っている。

「ナイナイアイラブユー」は、歌謡曲テイストの曲なのだが関ジャニ∞がこのテイストを復活させるのは「PUZZLE」の「My Last Train」以来のような気がする。

WASABI」も同じく「PUZZLE」に収録されている「ブリュレ」以来のテイストだと思っている。

これを書きながら、エイトの原点って「PUZZLE」なのか?と思い始めてきた。

話は変わるが、このアルバムに「韻踏ィニティ」と言う曲(ちょっと和っぽかったりする)があるのだが、これを嵐の「Japonism」に収録されている「Japonesque」を聞いた後に聞くと本当に感慨深くなる。

嵐の「和」と関ジャニ∞の「和」ってここまで違うのかと言う。

これからも「東の嵐、西の関ジャニ∞」と言う関係性で両者とも音楽を追求していく様子を1ファンとして見ていきたいと思う。

 

★まとめ

この文章を書きながら、ジャニーズの王道のアルバムは一種の方程式があるのではないかと考えるようになった。

たいていどのアルバムにも「ダンス曲」「バラード」が含まれているのが常なのだが

そこにもしかしたら「歌謡曲テイストの曲」が含まれてくるのかもしれない。

これは、今後、色々追っていくうちにわかっていくのかもしれない。

まだ勝手にジャニーズアルバム大賞は選考途中である。

そうまだジャニーズWESTタッキー&翼が12月にリリースを控えている。

個人的には2年目のジャニーズWESTがこのタイミングで出すアルバムは今後のことを考えても重要な気がしてくる。

ジャニーズWESTとしての音楽性を次のアルバムでどう打ち出すのかが見ものである。

タッキー&翼は、豪華な提供陣の楽曲をどう味付けするのかがまた楽しみだったりする。

 

楽曲だけでもこんなに文章を書けるのだからジャニーズとは楽しいものである。

 

追記 2015.11.23

ここに書こうと思っていたことを忘れていたので追記する。

なぜ、ジャニーズは2015年と言う年に「和」「歌謡曲テイスト」をこぞって楽曲として発表したのか?

これは、もっと深読みすると、対K-POPEXILE一族向けのジャニーズなりの対応策なのではないかと思った。

近年、三代目JSBの台頭により、ジャニーズ市場を席巻しているEXILE一族。

このEXILE一族が提供するメロディーラインは、目につくものはたいていEDMと言うややK-POP寄りの音楽性を持っている。

そして、いまだ日本で根強いK-POP

ここと戦うために、ジャニーズは、はやりの音楽をかなぐり捨てて

あえて「和」「歌謡曲テイスト」の楽曲に方向性を持って行ったのではないかと思う。

そう考えると来年以降もこういう楽曲はジャニーズのスタンダードとして新曲が作られるのではないかとも推測できる。

それか、ジャニーズはもう2020年に向けて楽曲性を「和」「歌謡曲テイスト」で固めてきたというならばそれもそれでまた面白いと思う。