読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

若者は「愛」を歌う -Hey!Say!JUMPで歌詞分析-

火曜日、Twitter上のリツイートでまわってきた下記のブログ。

microchappy.hatenablog.com

 

ブログにつづりたいネタもいくつかありましたが、

私の心の中のリトルな自分が「薮くん作詞曲の歌詞を分析したい!」と叫ぶので

じゃあ、Hey!Say!JUMPでやってみようじゃないということで

参照したブログの手法にのっとり、さっそく歌詞分析しました。

 

5月23日追記分

対象楽曲は、全73曲(Hey!Say!JUMP名義)

全100曲(Hey!Say!JUMP・Hey!Say!7Hey!Say!BEST他ユニット含む)

デビュー8年目のグループにしては、やはり少ない楽曲数でした。

 

★1位はまさかの「愛」

まさかのとつけたのは、個人的な予想に「愛」は入ってなかったからです。

ただ、夢とか希望とか明るいワードが上位になるだろうなとは思っていました。

 

アーティスト名 Hey!Say!JUMPのみ

f:id:astaeight:20150522222013j:plain

 

Hey!Say!JUMPほか Hey!Say!7・Hey!Say!BEST 各ユニット曲含む

f:id:astaeight:20150522222047j:plain

 JUMP単体でも、7・BESTを含んでも圧倒的1位が「愛」でした。

「愛」って、どうしてそんなに頻出しているのか?

私の中では、「AinoArika」と「愛ing」と「愛すればもっとハッピーライフ」ぐらいしか思い浮かばなかったので、どの歌詞に「愛」が使われているのか調べてみました。

(これは、7とBESTは対象から外します)

 

<愛が含まれている楽曲>

「AinoArika」

「愛すればもっとハッピーライフ」

愛ing -アイシテル-

「Come Back...?」

「New Hope~こんなに僕らはひとつ~」

「Romeo&Juliet」

「succeed」

「Thank You ~僕たちから君へ~」

「Time」

「Too shy」

「Ultra Music Power」

ウィークエンダー

「パステル」

「僕はVampire」

「切なさ、ひきかえに」

全15曲

 

5月23日追記分

★「愛ing -アイシテル-」って「愛」って何回言ってるの?

愛ing -アイシテル-」の歌詞のみ分析したところ、この曲だけで23回、「愛」と言っていることがわかりました。

23/95 約24%(7・BEST含む)

23/72 約31%(JUMP単体)

になるので、かなりの割合を占めていることがわかりました

 

5月23日追記分

★もしかして、本当の1位は「夢」?

どの歌詞に「夢」が使われているのかを分析してみました。

(これは、7とBESTは対象から外します)

 

<夢が含まれている楽曲>

「AinoArika」

「BE ALIVE」

「Beat Line」

「Born in the EARTH」

「Candle」

「Dash!!」

「DREAMER」

Dreams come true

「Endless Dream」

「FLY」

「FOREVER」

「GIFT」

「INFINITY」

「Magic Power」

「Memories」

「New Hope~こんなに僕らはひとつ~」

「OUR FUTURE」

「Romeo&Juliet」

「Star Time」

「succeed」

「Thank You ~僕たちから君へ~」

「Time」

「Too shy」

「Your Seed」

アイ☆スクリーム

「パステル」

「パーフェクトライフ」

「僕はVampire」

「冒険ライダー」

「情熱JUMP」

「眠リノ森」

「瞳のスクリーン」

全32曲

「夢」の方がいろんな歌詞に使用されていることから

もしかしたら本当の1位は「夢」かもしれないという説が浮上してきました。

そして、青の文字色が「愛」と「夢」両方含まれている楽曲

全9曲ありました。

もしかしたら、Hey!Say!JUMPは「愛」と「夢」を歌いがちということもわかりました。

 

★「アイドル」って?

アイドルってワードが37回も使われていたんですよ。

でも、思い当たる曲が「Oh!アイドル」しかない。

そこで、これもどの歌詞に使われているのか調べてみました。

 検索かけたところ、すべて「Oh!アイドル」で使用されていました。

つまり、Oh!アイドルはレスポンスも歌詞に含めると

計37回も「アイドル」と言っていたことになります。

 

★「君」と「僕」がない?

ちなみにこの調査では、「君」「僕」などの一人称を除外しないで抽出しました。

それでも、Hey!Say!JUMPの上位頻出ワードに「君」「僕」が浮上しなかったのです。

ちなみに「君」が使用されている楽曲は3曲でした。

「Endless Dream」

「僕はVampire」

「我 I need you」

そして、「僕」が使用されている楽曲も3曲でした。

「DREAMER」

「JUMP Around The World!!!」

「我 I need you」

この事実はなかなか興味深いものでした。

 

★八乙女先生と薮先生の楽曲を分析してみた

八乙女先生

f:id:astaeight:20150522234631j:plain

薮先生

f:id:astaeight:20150522234646j:plain

 作詞の名義が八乙女くん、薮くんの表記になっている楽曲を抽出して

頻出語をあげてみました。

5月23日追記分

対象楽曲数

八乙女先生 全6曲

薮先生 全7曲

 

★両先生の1位は?

八乙女先生は、「人」が頻出ワード1位でした。

薮先生は「心」が1位でした。

ちょっと、この事実だけでは何の事だか私もわからないので

これもどの歌詞で使用されているのか調べてみることにしました。

 

「人」が使用されている歌詞

「INFINITY」

「コンパスローズ」

「サム&ピンキー」

 

「心」が使用されている歌詞

「Screw」

スクランブル」

「スナップ」

「DREAMER」

「切なさ、ひきかえに」

 

八乙女くんの「人」は、サム&ピンキーで多用されていたので1位になっていたことがわかりました。

一方、薮くんの「心」は初期から最近まで使用されていることから癖なんでしょうね。おそらく。

 

★頻出ワードまで一緒?!

赤く印をしている「夢」がなんと2人とも同じ回数を使用しているのが

やぶひかって尊いなと思いました。

 

★語彙力がわかってしまう?!

全体的に両先生の頻出ワードを見ると、だんだん「ひかるくんの語彙力…」ってなってきました。

八乙女先生はsmartのアルバムで歌詞作りは音の響きとリズムでつくっていると

おっしゃられているので、そういうことにしておきます。

 

★まとめ

いやぁ、なんで「愛」が1位だったんだろうと思っていたのですが

振り返ってみると思い当たる節がありました。

(まぁ、「愛」が1位の大きな要因は「愛ing」で多用されていることなんですけどね)

Hey!Say!JUMPのコンサートに入ると、絶対「愛してるよ」って言われるなと。

曲中の「愛してる」というワードではなくて、彼らコンサートの最後に

生の声で「愛してるよー!」という場面もあったんですよ。

その時のコンサートを振り返ると「愛してる」って言われすぎたなと思うのです。

つまり、Hey!Say!JUMPは「愛」を叫び、「愛」を歌っているのですね。

 

ブログの鮮度を大切にしたので、調査が浅くてすみませんでした。

もし、余力があれば追記という形で書かせていただきたいと思います。