読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

ジャニーズ楽曲大賞とともに2016年の楽曲を振り返る

2016年は、アルバムより個々の曲がずば抜けていい物がたくさんあった。

本当に選べない!!みんな、いい!!

 

ここ2年、勝手にジャニーズアルバム大賞をしていたのだが

2016年分はアルバムじゃなくて曲が豊作だったので

ジャニーズ楽曲大賞の投票に伴いまして、ここで2016年ベスト楽曲をあげようと思います。

 

では、始めましょう。

2016年、勝手にジャニーズ楽曲大賞!!

ただし、楽曲大賞投票期間中に伴い順位付けずに公表しますSP

 

Kis-My-Ft2編>

Kis-My-Ft2「Gravity」

私のTL内の「Gravity」の評価がまったくないし、世間にもさほど注目されなかったけど

「Gravity」すごくいい曲じゃない?

2016年のキスマイの始動の曲がこの曲ですごく良かったなと私は思っているんですけどね。

曲が曲なだけにちゃんと踊って下さるじゃないですか。

あまり、キスマイのダンスに注目したことがなくて「Gravity」でよーく見てみると

下積み長かっただけあるパフォーマンスでこの人たち、できるじゃん!!と見直してしまった。

もっと注目されてほしかった。

そして、I SCERAM行きたかった…

 

ついでに2016年のキスマイを振り返るとアルバム「I SCEARM」で収録されている個々のソロ曲がよかったよね。

キスマイの楽曲自体が、この曲がキスマイみたいなカテゴリー分けできる曲調がないからキスマイのイメージ自体もぼんやりとしているのですが

個々のソロ曲を聴くと「こんなにも個性の強い集団だったのか」と再発見できます。

キスマイってわからないやと思う人も1回でいいからソロ曲聞いてほしい。

しかし、面白いのはキスマイの誰一人も、どストレートにアイドルソング歌わないという。

そう考えるとキスマイってエイベックスに引き取られて大正解だなと思いました。

 

A.B.C-Z編>

A.B.C-Z「Great5」

「Great5」は、何と言っても戦隊シリーズのオープニング!!

初見は、2015年のABC座で、早く音源化してくださいと思ったものでした。

あと、「Great5」と前述した「Gravity」を合わせて聞くと「エビキス最高!!」と両手挙げたくなるので皆様におすすめしたいです。

正直、「Fly a Flag」出る前に「Great5」について語りたかった。

でも、本当に「Great5」について言えることはえびで戦隊シリーズやってほしい。

A.B.C-Z「Secret Lover」

えびって今までこういう色気がある曲を歌ってこなかったから

(いや、Vanillaとかそうか)

本当に新鮮で、本当に今のえびだから歌える曲だと思うんですよね。

この曲でえびのレパートリー増えたなと思ったらアルバムで次の曲ですよ。

A.B.C-Z「Fantastic Ride」

もろに自分好みの曲きた!と言う感じです。

この曲もえびの曲調のレパートリーを増やしたなと思った1曲。

しかし、ライブやえび座のパフォーマンスが半分お手振り曲だから

個人的にはちゃんと全編踊っているバージョンがほしいです。

 

今年のA.B.C-Zは曲調のレパートリーを増やしてきたなと言う印象でした。

(これは、ジャニーズWESTにも言えることで)

でも、今年のえびを1曲で表すなら「Fly a Flag」ですよね。

本当に今のえびの葛藤とかすべてがこの曲に詰まっているって感じで

聞けば聞くほど、なんか味が出てきたんですよね。個人的に。

特にジャニーズWESTが単独ドーム決めた後にこの歌詞を聴いた時

本当にえびのための曲だなと思って。

そしたら、こうえびを応援したい気持ちがふつふつと湧き上がってきたんですよね。

2017年はすでに「Reboot!!」と言う曲もできてきてどんなA.B.C-Z 5 movementを起こすのか期待です。

 

<嵐編>

・嵐「I seek」

大野くん!ごめんなさい!

私、ドラマ見てないの!!

でも、「I seek」だけ大好きなの!!

と言うぐらいに完全にドラマみないで楽曲だけ大好きなこの曲。

ドラマの世界観知らないからこそいいのかなとも思うけど

ドラマを見ておくべきだったのか…

歌詞とメロディーが最高で、何回聴いたことか。

 

しかし、2016年も嵐が最高だった。

「Are you Happy?」は相変わらずのハイクオリティーだし

今年のアルバム大賞も嵐だなと思ってしまった。

嵐は、嵐をわかっているなと言う楽曲群でしたよね。

世間が求めている嵐を嵐はわかっていると私は思いました。

アルバムだとリード曲の「Don't You Get It」が最近のトレンドをつかんでいるなと思いました。

モーニング娘。'16が2016年の上期に「泡沫サタデーナイト!」をリリースしたじゃないですか。

その流れから絶対「Don't You Get It」をリード曲を持ってきた気がするんですよね。

その後、AKB48も「ハイテンション」と言う似たような楽曲作ってきたので完全に2016年のトレンドはこのみんなで盛り上がれる曲だったのだと思います。

星野さんの「恋」もそんな感じでブレイクしましたしね。

そう思うと嵐のトレンドの汲み方の上手さは圧巻です。

 

ジャニーズWEST編>

ジャニーズWEST「one chance」

こちらもドラマ「レンタル救世主」の挿入歌なのですが

またもやドラマ見てません!!ごめんなさい!!

でも、「one chance」大好き!!

シングルカットしなかったのはなんで?!

年末最後の最後に私の胸倉をつかんできたのが「one chance」でした。

ずるいよ、ずるいよ…

少年漫画さながらの歌詞にガシガシ踊ってくれるジャニーズWESTさん。

「逆転Winner」と言い、「one chance」と言いこの手の楽曲に

私は弱いのでぜひともジャニーズWEST×ダンス×応援歌シリーズの続編待ってます。

ジャニーズWEST「CHO-EXTACY」

この素晴らしい曲がカップリングだよ?

いいのかよ?と思った1曲。

前述したA.B.C-Z「Secret Lover」と組み合わせるとさらに色気ムンムンになるのでお勧めです。

とにかく色気が生々しい楽曲で、これもまたWESTさんの曲調のレパートリーを増やしたなと言う印象です。

デビュー3年ちょっとでこんな曲歌えるのは、ずるいよ(結局、ずるいしか言ってない)

 

ジャニーズWESTの2016年の楽曲についてまとめると、とにかくWESTとしての楽曲の幅を広げようといろんなジャンルに手を出したような気がします。

「CHO-EXTACY」もそうですが、「King of Chance」も今までのWESTからは選ばない楽曲でいいなと思った1曲です。

しかし、どのジャンルもこなしちゃうWESTさんずるい(また、ずるいしか言っていない)

アルバム「なうぇすと」は逆に楽曲の幅を広げるというよりも自分たちの今までの楽曲の曲調のレパートリーに新作を追加したという感じでしたね。

パラパラシリーズの新作「エエやんけェ!!」、「Criminal」「Can't Stop」シリーズの新作「Believer」

こういうところを見ていると自分たちの楽曲の引き出しをわかった上に、さらにコンサートを見据えたアルバム構成だったのかなと思いました。

 

Sexy Zone編>

Sexy Zone「Miss Mysterious」

Sexy Zone「Perfect Potion」

「勝利の日まで」のカップリングシリーズ。

本当にこういう王道の曲を歌うセクゾンちゃん好きだ。

しかし、佐藤勝利くんに「ブルージー」と歌わせた人出てきて(「Miss Mysterious」の話)

からの「Perfect Potion」

何千回も出ている話ですが、本当にセクゾンちゃんって選び放題のアラカルトだから…

曲とメロディーが私の好みにドンぴしゃの2曲でした!!

Sexy Zone「誰にも解けないミステリー」

これも王道ですし、私の好みだし。

この曲が入っているアルバム「Welcome to Sexy Zone」が私の中で名盤と位置付けている「Sexy Second」に肩を並べるぐらいに名作なんですよ。

この流れで2016年のSexy Zoneの楽曲まとめを書くと

とにかく5人体制でうまく復活できた!!

やはり、5人体制は最高だなと言う一言に尽きますよね。

アルバム「Welcome to Sexy Zone」の出来栄えが本当に良かった。

全体で歌う曲とユニットで歌う曲とソロ曲も少しあるのにもかかわらず

バランスがいいというかなんというか。

伸び代と未来が楽しみなアルバムでしたよね。

 

<Hey!Say!JUMP編>

楽曲出す前に先に言いますと、私の中で2016年のベストアルバムが「DEAR.」なんですよ。

嵐の「Are you Happy?」の方が全体のつくりとしては遥か高みにいるんですけど

どこがベストアルバムに輝いたのかと言うとこの曲なんですよ。

・Hey!Say!JUMP「B.A.B.Y.」

初めてこの曲を聴いたときに、ジャニーズのカッコイイ曲でもこの曲調はまだ誰も挑戦してなかっただなと驚いた1曲。

しかし、パフォーマンスされずに終わったんですけどね(本当にこういうところは悪い癖だよ。JUMPの諸君)

下手なパフォーマンスだったらそれはそれで落ち込むからいいのかもしれない。

この曲はもろに山田さん、有岡さんあたりの好みだなと思った。

そう思えるぐらいにJUMPさんも自分たちでアルバムを作れるようになったんだなと感じましたね。

「DEAR.」の良さは全体の流れがよいのも、もちろんのことだけど

ジャニーズの枠を超えたカッコイイジャンルの曲(「B.A.B.Y.」など)に手を付けたところが評価の高い理由です。

まぁ、コンサートのつくりは別にしてね。

でも、2016年のJUMPさんはいい感じにいろんなジャンルに手を出しつつ、自分たちの武器である「揃えるダンス」を全面に(「Fantastic Time」)持ってきましたよね。

2015年はカワイイを手にしていろんな人に猛威をふるっていた感じですが

徐々にカッコイイにも手を出すのはいいことだなと思いました。

(カッコイイにシフトすると薮くんのパートが増えるからと言う個人的な理由もありますが、それは置いておいて)

2017年は10周年なので新しいことに挑戦するより、まとめの年になりそうなので過度な期待はせずに見守りたいと思います。

 

<NEWS編>

・NEWS「Wonder」

「Wonder」については、もう私の好みです。以上としか言えない。

ただ、アルバム「QUARTETTO」の伏線やばくない?と言う件について書きたい。

「Theme of QUARTETTO」でNEWSKOOLとかWe are Fantastic4とか出てくるじゃないですか。

それがあとになって曲中に出てくるんですよ。

この仕掛け、ずるい!!

シゲアキ先生が小説書くからって、アルバムにまで伏線はるのやめてくれ。

2017年もいいアルバムお待ちしておりますね。

 

関ジャニ∞編>

関ジャニ∞「ふわふわポムポム」

「NOROSHI」がいい曲だってこの間ブログに書いてしまったので

カップリングの「ふわふわポムポム」について書くとする。

一言で言うと「怖い…丸山、怖い…」

本当に意味のない歌詞なのに、リピートしてしまうメロディーライン。

一度聴いたら病み付きになるので怖いもの見たさで視聴することをおススメします。

 

2016年のエイトは、アルバム作らなかったから何とも言えないのですが

いい感じでバンド曲、明るい曲、ダンス曲を発表してきたなと言った印象。

それより、2017年に「なぐりがきBEAT」のカップリングで「Tokyoholic」が収録されるので私はそちらの方が楽しみだったりします。

 

KAT-TUN編>

KAT-TUN 選べませんでした

充電期間の最後の最後、4人の終わりが見えていたかのような歌詞。

「TRAGEDY」は、終わりと再会が書いてあって「最後の最後ですべて輝くから」とか本当に今聞くと胸に迫るものがありますよね。

しかし、KAT-TUNがいないと楽曲選ぶのもつまらないものです。

KAT-TUNは出す曲出す曲好きな曲調でやってくるから余計に。

誰も代わりはいないんですよ。

KAT-TUNの楽曲の代わりはないんですよ。

2016年にKAT-TUNが発表した楽曲で1曲を選べと言われたら選べない。

「TRAGEDY」も「UNLOCK」もいいし、「GREATEST JOURNEY」、「TOKYO STARRY」もいい。

だから、選べません。

 

例のごとく5000文字超えたのでそろそろ終わりにします。

YJより上の世代については、発表楽曲数も少ないため割愛しました。

すみません。

でも、キンキさんのアルバムは毎年聴きごたえのあるクオリティーでさすがとしか言えないし、V6さん、TOKIOさんもこれまたいいシングル出すよねって感じでした。

 

2017年はどんな楽曲と出逢えるのかどんなアルバムと出逢えるのか楽しみでありません。