過激な思想

サブリミナル薮くんブログ

2017年はエイベックスが優勝の年だった ―勝手にジャニーズアルバム大賞2017と楽曲まとめ―

あけましておめでとうございます。

おかげさまで読者数が130を超えて恐れ多いのですが

本年も当ブログをよろしくお願いします。

 

2017年の年末は担当を追っかけて3大ドームを駆けずり回っていて

おちおち振り返ることもままならなかったので

ここで振り返ろうかと思います。

 

2年ぶりに帰ってきました

勝手にジャニーズアルバム大賞2017

―アルバムだけでは取れ高少ないので楽曲まとめもやりますSP―

 

アルバム大賞ですが、このブログのタイトル通り

エイベックス ジャニーズ班が優勝したんですよ2017年のアルバム大賞は!

と言うわけで2017年のアルバム大賞は2015年に続き2作同時受賞!

 

Kis-My-Ft2 「MUSIC COLOSSEUM」

V6「The ONES」

 

ここ数年アルバム大賞やっているのですが

いつも自分が好きなグループに偏った結果だったんです。

しかし、初めて両方ともアルバムを掲げたツアーに入ってないのに受賞です。

それぐらいにアルバムの総合力が他よりずば抜けてよかった。

一枚ずつコメントします。

 

Kis-My-Ft2 「MUSIC COLOSSEUM」

アルバム大賞の受賞基準はアルバム全体を飽きさせないで聞かせるのかが重要で

それを考えると本当にバランスが良いアルバムだなと。

最初の「Overture」、「EXPLODE」、「VersuS」のカッコイイゾーンからの

「いいね!」、「レッツゴー!!」のさわやかゾーン。

ここまでの流れがすごーく飽きない。

これだけで「エイベックス最高」となりました。*1

このアルバム本当に勢いだけで全曲聴ける。

最後の「Bang!Bang!BURN!」、「r.a.c.e」、「Tonight」の畳み掛けもすごく好き。

特に「r.a.c.e」からの「Tonight」の流れが良くて正直「Tonight」だけ聞いたときは

Tonightなぁ…と渋っていた私の評価がアルバムで一気に上がりましたよね。

本当に楽曲だけでこんなに語れるのにツアー入ってないんですよ。

でも、アルバムとライブは別物ですしね。

あまり評価が高い記事を見かけなかったので少しさびしかったりします。

 

V6「The ONES」

ベストアルバム挟んで2014年ぶりのオリジナルアルバム。

そういえば、前回のオリジナルアルバム「Oh!My!Goodness!」も評価を高くしていましたね。

V6さんもキスマイと同様アルバム全体を聞いても飽きない。

まず最初の「never」、「刹那的 night」、「SOUZO」で一気に「うわぁ、このアルバム最高」となりましたね。

4曲目の「Beautiful World」で世界観を変えて、「DOMINO」からの第2部。

「Round&Round」で盛り上げてダンス曲に行くと思いきやの「Remember your love」できれいなバラードを入れてくる。

お、大人のアルバムだ…!!

じゃあ、ここからは落ち着いてと思うでしょ?

「Answer」聴いたら、ビックリするぜ?

バリバリのレーザーがまぶたに浮かぶんですよ。

(そろそろWOWWOWの映像見たいのに時間がつくれないことを思い出す)

からの「Can't Get Enough」「Get Naked」で大人を見せつけてくるのに

最後の「The One」でいつもV6兄さんだぁ。テレビで見るV6兄さんだぁとなってフィナーレ。

大人のジャニーズの本気がみられます。

このアルバム聞いたら、自分のユニもこんなアルバムを将来作ってほしいと思うぐらいに王道で大人のアルバムです。

 

アルバム以外に2017年よかった楽曲を順位付けずに発表します。

 

Hey!Say!JUMP「I/O」

そろそろ担当の薮くんがいるグループについて話さなければいけない気がしたので

ここでJUMPの話でもします。

シングル曲も数曲出しましたが、総合で考えると今年の一番好きなJUMPの曲は「I/O」ですね。

この曲はパフォーマンス込みで好きですね。

10周年記念で同時に「H.our Time」と言う対照的なバラード曲を出したのもよかった。

正直「H.our Time」だけ10周年記念で出されていたらしらけてましたけど

JUMPの持ち味であるそろったダンスを魅せるために「I/O」も同時に出したのは評価が高いです。

 

嵐 アルバム「untitled」より「Sugar」「抱擁」

毎年、嵐のアルバムの評価が高い私ですが、2017年はどうだったのか。

実はアルバムのコンセプトの曲調が一番好きなのが「untitled」でした。

いい方向にいったなと思いながら聞いていたのですが、アルバム全体で評価すると

やっぱりエイベックスの優勝だったんですね。

理由としては、シングル曲の入れ方がアルバム全体の良さを下げているなと思ったからです。

これは、世間の嵐に求めている楽曲(シングル曲)と嵐がやりたい楽曲(アルバム曲)が上手く溶け合わなかったのが原因だと思うけど、どうしようもないからやるせない。

このアルバムの中で好きな曲は「Green Light」、「未完」、「Sugar」、「抱擁」

中でも好きな2つをあげました。

2つともジャジーで大人な楽曲でこれからの嵐の楽曲がどう広がっていくのかが楽しみになりました。

 

Kis-My-Ft2「PICK IT UP」

もうキスマイの話は飽きたとお思いでしょうが、すみませんもう少し付き合ってください。

2017年、この曲を何回聴いたことだろうかと言うぐらいに聴きましたねぇ。

パフォーマンスも最高ですし、PVも好みだった。

だから、数か月遅れてシングルを買った記憶があります。

やっぱり、曲が好きですね。ここまで来るとただのエイベックス担だわ…

ちなみに「赤い果実」も好きですが、比べてしまうと「PICK IT UP」が好きです。

そういえば、通常盤で聞ける「PICK IT UP -Jazzy Step ver.-」もいいのでオススメです。

 

Travis Japan「夢のHollywood」

未音源で失礼します。

でも、見ていない方は一度でいいから見ていただきたい。

現ジャニーズJr.最高峰のそろったダンスとパフォーマンスを。

曲調はさわやかでこれぞジャニーズ舞台ソングなのですが

歌詞を見ると今の戦国時代を生きるJr.に歌われると泣きそうになる決意がこもったフレーズがあって本当に涙が出るいい曲です。

個人的にも思い入れがあるから余計なのですが、*2

Travis Japanのオリジナル曲の一番最初にふさわしい楽曲だなと思います。

パフォーマンスは、タップダンスのパートが本当に圧巻。

2017年のABC座でも披露していたのですが、生で見ると空いた口がふさがらない圧巻のパフォーマンスにひれ伏しそうになりました。

 

ジャニーズWEST「SHE IS MY...」

本当にこの人たちはどうしてカップリングで本気を出す…。

ジャニーズWESTさんって絶対毎年カッコイイ勝負曲出してくるんですけど

2017年の勝負曲がこれだったと思うんです。

だからさ、私さ、ツアーWESTivalでいいポジションでこの曲がくると思ったんですが

予想を裏切られたよね。

ジャニーズWESTさんのEDMは毎回挑戦的で他のジャニーズとは違う角度で発表されるからこれも過去をさかのぼってみんな聞いた方がいいよ?!

番外編で、アルバム「WESTival」でも新しいEDM曲「Baby Good!!」と「Evoke」があるのですがこれも他のジャニーズと一線を画する新しいEDMの曲調なのでEDM好きな人は必聴です。

 

その他 コメントは短めでお送りします。

 

A.B.C-Z「Whippy」「Lily-White」

A.B.C-Zも自分たちの曲のジャンルとして「Vanilla」の系統を確立しているなと感じましたね。

その傾向が特に見られたのがこの2曲でした。

 

Sexy Zone「ぎゅっと」

最初はパッとしない曲だけど、何度も場所と時間を変えて聞くとこれすごくいい曲だなと感じた1曲。

疲れた人にこそオススメしたい名曲。

アイドルって最高だなぁ。

 

年が明けてすでに1週間経ちますが、2017年はいいアルバム2作品に出会えてすごく楽しい年でした。

2018年の楽曲方面で楽しみなのは、何と言ってもKAT-TUN復活!!!

KAT-TUNの楽曲楽しみに待ってます。

あとは、アニバーサリーイヤーで2017年にオリジナルアルバムを作らなかったHey!Say!JUMP、SexyZoneのオリジナルアルバムにも期待してます。

 

2018年もいい楽曲に出会えますように。

*1:筆者は昔エイベックス所属の女性アイドルのファンだったためエイベックスにはめっぽう弱い

*2:私が2017年ベストパフォーマンス賞をあげるとしたらTravis Japan現メンバー7人で披露した少年倶楽部の「夢のHollywood」である